がん保険、見直していますか?

今「がん保険」は各生命保険会社から様々なタイプの商品が発売されています。ガンに罹患した時に一時金が給付されるタイプや入院日数分の給付金が支給されるタイプなどです。そこで確認しておきたいのが「がん保険」保障の内容を見直しです。1年前や2年前に加入をされている方ならともかく、5年以上前に加入をしている方は見直しをお勧めします。

「がん」の治療方法は日進月歩、今や様々な治療方法が開発されています。「がん保険」もそれに合わせて、保障の内容がかなり変わってきています。例えば、10年前の「がん保険」なら「がんで死亡した時に100万円」といったような「死亡保険」が主流になっていました。しかし今は「がんの治療に合わせての給付金」といったように、高額になってくるがん治療の医療費をまかなうタイプのものが主流になっています。

これは、がんの治療方法が進歩して、治療期間が昔に比べて長期化している事と、薬代が高額化していることがその要因です。抗がん剤を例にとっても明らかなように、がんが進行するたびに作用の強い抗がん剤へと移行します。当然抗がん剤は高額化します。患者やその家族の経済的負担が大きくなることも必然です。

5年以上前に加入している方は、今のがん治療に保障の内容が追いついていない可能性があります。上に述べたように、「死亡保険」を主流とした「がん保険」では当然「がん治療」には対応していませんので、せっかく加入をしていても、肝心な時に保険が約に立たない可能性があります。保障内容をあまり認知せずに「がん保険」に加入しているだけで安心されている方が実は多いのも事実です。貴方やご家族のためにも、今加入している「がん保険」、その内容を今一度見直してみることをお勧めします。