貴方が求めるがん保険とは?

日本人の一生涯で、2人に1人がガンになると言われています。「がん保険」は貴方がもしガンに罹患した時に貴方やご家族を支える事ができる保険です。よく、ガンに罹患した時は大変と聞きます。では何が大変なのでしょうか?一番の問題は、ガンは他の病気よりも経済的負担が大きくなる病気ということです。

では単純にどれくらいの治療費がかかるのでしょうか?例えば大腸ガンだと、入院日数が平均18.7日、治療費が3割負担額が平均336,489円となります。実際には一時的に病院に支払う事になる費用から高額療養費制度が適用され、更に負担額は低くなります。しかし、一時的に1ヶ月近くの入院が必要であり、1ヶ月の収入分くらいの治療費が必要となります。

また退院後の通院も考えると、治療に対する出費は更に増えていきます。充分に蓄えをされている方ならともかく、そうでない方には経済的負担がとても重くのしかかります。お金がないから、必要な治療が受けられない、そんな悲しい話が付いて回るのが、この「ガン」と言う病気なのです。

「がん保険」は、この治療に重くのしかかる経済的負担をなるべく軽くして、少しでも治療に専念できるだけの経済的支援を目的としています。「がん保険」は各保険会社から様々なタイプのものが出ていますが、どのようなタイプのものを選べばいいのでしょうか?大きく分けると、ガンに罹患した時にまとまったお金を給付してくれるタイプと、治療のために入院した日数分と抗がん剤などの治療費に充てる給付金を支給してもらえるタイプがあります。

例えば、ガンに罹患したとわかった時に保険会社に請求して100万円を支給されるものや、実際の入院日数×日額10,000円、抗がん剤の使用回数×給付金額を支給されるタイプなどです。月々支払う保険料も保障内容によって代わりますので、「がん保険」を選ぶ時は、どのタイプがご自身が求めているタイプが吟味してみてください。

ただ、多くの「がん保険」には「がん免責」と言う条件が付いています。簡単に言うと、「がん保険」に加入してから、90日以上たたないと保険が利かないと言うものです。また、すでに「ガン」に罹患した方は「がん保険」に加入できない事が多いので、保険にはなるべく早く加入することを検討したいものです。